この工法では、基盤が発泡スチロールなので、線路中央の釘は、固定のためではなくて位置決めです。
 レールの道床と地面の間には、後日に砂利をまきます。