「昭和の鉄道模型」についている電車は、最初動力がなく、車輪も写真の手前のようにプラスチックです。
 以前、模型店でこのパーツセットを見付けて買いました。そして金属製の車輪に付け替えたのです。
 動力車であれ客車であれ、車輪には重量感がないと落ち着きません。
 地球上では、軽さだけでなく、重さがないとうまく行かないことも多いようです。事実、このパーツセットには重りにする金属板もついていました。