26号の工作案内によると、セメダインの量は写真のように路床の下部で止めておくわけです。