TOMIX 2392 J.R. Type SARO 124 Coach (new cokoring)
TOMIXによる「実車ガイド」

 サロ124形は、113系用のグリーン車として、1989(平成元)年にデビューした在来線初のダブルデッカー(2階建て)車両です。車体および室内は、同時期にデビューした211系のサロ212形とほぼ同一で、定員は1・2階合わせて90名、車端部には車掌室を備えています。

 製品は、当初横須賀線用として登場し、後に東海道線用に転用された同形をプロトタイプとし、他と異なる帯のパターンや、TR235G型ボルスタレス台車などの特徴を再現しています。