森博嗣先生の名作『四季』は、こういった宝物箱の中で、いやが上にも、輝くように思っています。だから、この写真は、「図書の顔」に分類するよりも、イメージの素に納めておきます。
 書誌的には、いずれ「図書の顔」として、再度別の角度から記録に遺します。