この様式美にはいつ参っても感動する。
円墳でしかも石で覆われている。詳細はわからない。
撮影した日、老人が土下座していたのを目撃した。高山彦九郎のようだった(三条京阪駅地上に高山像がある)。
 老人は、御陵というメディアから明治大帝のメッセージを受けていたのだろう。メディアはメッセージ。円墳自体が語りかけていた。
 ここには、桃山時代、壮麗な秀吉の城があった。そうして、現在御陵があり、そばには乃木将軍の神社もある。JR奈良線といい、不思議な桃山である。