いわれ
 流れ橋は、木津川にかかる木橋で日本最長と言われ、大水のたびに流れるところに特徴がある。そのことから、流れ橋と呼ばれいてる。

橋名  上津屋橋(通称 流れ橋)
橋長  355.9メートル
幅員  3メートル
構造
  増水して橋桁まで水が達すると全長を八分割して、ワイヤーで連結された橋床が流れる。
  橋床は橋脚に片方がつながっているため流失する事はない。減水後復元出来る。