芭蕉が奥の細道の終点、大垣から眺めた伊吹山の句があります。

 「そのままよ 月もたのまし 伊吹山」