講堂(こうどう)
 講堂は、中に仏像を安置し、その前で説法したり、教義を講じたりする堂舎である。七堂伽藍(がらん)中、金堂と並び重視される建物であり、礎石こそやや小さいが、金堂と同規模につくられ、基壇上に建つ。正面七間(Mu注:約12.6m)、奥行四間(約7.2m)の建物で、仏像を配した内陣が、中央にみられる。講堂北辺中央に尾廊があり、僧房につづいている。