恭仁宮大極殿(くにきゅう・だいごくでん)と山城国分寺跡(やましろ・こくぶんじ)

 この場所は、天平十二年(740)十二月十五日に、聖武天皇が「恭仁宮に幸す」と宣言して、平城京(奈良市)から遷都して来たところで、恭仁京と呼ばれました。聖武天皇が恭仁宮に遷都された理由は明らかではありませんが、北に急峻な山地をいただき、南に平野がひらけてその中央を泉川(いずみ)(木津川)がゆったりと流れる瓶原(みかのはら)の環境も無視できない重要な要素でした。「万葉集」には、新しき都を讃(ほ)める歌が収録されています。

 三香(みか)の原 布当(ふたぎ)の野辺を 清みこそ 大宮ところ 定めけらしも(1051)
 咲く花の 色は変らず ももしきの 大宮人ぞ たち変りける(1061)

このように新京を詠んだ歌には、季節によって移ろう景観の美しさや「泉川」と呼ばれた木津川の清流に心ひかれたものが多いようです。

 恭仁京の中心には、天皇の住まいや国の行政官庁が入っていた恭仁宮が設けられ、宮の中央に国政をつかさどる建物が配されました。そこには平城宮から移築された大極殿がそびえ、天平の甍(いらか)が輝いていたのです。現在、恭仁小学校の裏にある土壇が恭仁宮大極殿の跡で、昭和五十一年(1976)京都府教育委員会によって発掘調査が実施されました。

 恭仁宮はわずか三年余りの短命な都でしたが、この大極殿をはじめ、恭仁宮の中心部はのにち山城国分寺として再利用されました。大極殿(国分寺金堂)跡の東側は、国分寺の鎮守社として祀られていた御霊神社の境内地だったところで、永年地域の氏神として信仰を集めていた杜には楠や椿が繁茂して、大極殿跡とともに歴史的な景観を保っています。恭仁宮跡の発掘調査は、昭和四十九年(1974)より京都府教育委員会によって行われ、平成八年(1996)には宮域が確定しました。 

加茂町教育委員会