日本書紀神武天皇三十一年四月より、「蜻蛉(あきづ)のとなめのごとくにあるかな」と、日本の美称は秋津島(洲)になったらしい。

 元の写真は「大和三山」(MuBlog)
http://asajihara.air-nifty.com/photos/photoshibi8/yamato3zan71.html