大ヤマト(旧称・邪馬台国)の女王というか、大巫女「日の巫女」(旧称・卑弥呼)が住まいした宮殿の地は、檜原神社の西、少し北側と推定しました。
 この仮説の論証は、じっくり後からいたします。

 なお、文献上は、倭迹迹日百襲媛命(ヤマト・トトビ・モモソヒメノミコト)と言われている方で、お墓は「箸墓」と伝承されています。
 この伝承の論証も、じっくり後からいたします。

 その前に、世間の考古学や古代史学がちゃんと論証して下されば、Muは楽なのですが。

 なお、地図の「北」は向かって左側です。だから、三輪山は、視点では東になります。

追伸
 ある日、ぶらりと散歩したMuが、大雨のあとに崩れた崖から「親魏倭王」の金印なんか見つけたら、大変な事になりそうですね。