高山彦九郎、皇居望拝之像
 江戸時代、ここ三条大橋は東海道五十三次の起終点にあたり、往時の都の出入口であった。今ここにある銅像は、高山彦九郎正之(一七四七年~一七九三年)の姿を写したものである。
 高山彦九郎は、群馬県の出身である。十八歳の時以来、前後五回、上洛したが、京都に出入りする折には、この銅像の姿のように、京都御所に向かって拝礼した。
 その姿は
    大御門(おおみかど)その方(かた)向きて橋の上に
    項根(うなね)突きけむ真心たふと
       橘曙覧(たちばな・あけみ)
 と和歌に詠まれた。
 明治維新を成就した勤皇の志士達は、彦九郎を心の鑑と仰いだと言われる。
 後、明治の中頃の俚謡、サノサ節には、
   人は武士
   気概は高山彦九郎
   京の三条の橋の上
   遙かに皇居を ネ 伏し拝み
   落つる涙は鴨の水 アサノサ
 と謡いつがれた。
     京都市観光部振興課
     高山彦九郎大人顕彰会寄贈