撮影 DeepG


機具岩(はたごいわ) (能登二見)
古歌に
 「織姫のたてしや磯の機具岩
    綾織りかかる波のかずかず」

 太古能登部に鎮座する能登比咩(ひめ)神社の祭神が賊徒におそわれし時、取って機具を投げられた。それが飛んでこの地に至り、化して機具岩となった。この岩の祭神は渟名木入比咩命(ぬなきいりひめのみこと)である。
 夕日が沈む能登二見で陰陽石が相対する真の夫婦岩である。
 富来町