この桜は、平安神宮が創建された明治二十八年、仙台市長遠藤庸治により寄贈されたものである。そのもとは、近衛家に伝来した「糸桜」を津軽藩主が持ち帰り育て、それが再び京都に帰ったことから「里帰り桜」ともいわれている。
 文豪谷崎潤一郎の小説「細雪」にも登場し京都の春を象徴する桜として、神苑の数ある桜の中でも特に人気がある。