同地説明板から引用

 越前から迎えられ樟葉宮(くずは)で即位した継体天皇が、即位後五年から十二年(五一一~五一八)弟国宮(おとくに)に移るまでの七年間宮が置かれた所である。
 京田辺市郷土史会が、昭和三十六年(一九六一)筒城宮跡顕揚会を結成し当時の明治神宮宮司、甘露寺受長氏の筆になる「筒城宮址」石碑を建てた。併せて当時の村田太平会長(一八八八~一九七六)の筒城宮を讃える歌碑も副碑として建っている。
 現在、ここの地名が「都谷」であるところから筒城宮の伝承地とされている。筒城宮跡の解明が待たれる。
    京田辺市教育委員会
    京田辺市文化財保護委員会