私が最初に見つけたというか、ぶちあたったのが、第1地点(遺跡中枢部)だった。