史跡 近江大津宮錦織遺跡 (しせき おうみ おおつのみや にしこおり いせき)

 西暦六六七年、天智天皇は新羅(しらぎ)・唐の連合軍と対戦した白村江(はくすきのえ)の戦いが敗北に終わった後、突然都を飛鳥から近江に移しました。この近江に営まれた宮が大津宮です。天智天皇は律令制に基づいた天皇を中心とする統一国家を作ろうとしましたが、遷都(せんと)後わずか五年でこの世を去り、その後に起きた壬申(じんしん)の乱によって大津宮自体も廃墟となってしまいました。わずか五年五ヶ月の短命の都でした。

 大津宮の位置については錦織説、南志賀説、滋賀里説等があり、その位置については容易に明確にすることができませんでしたが、昭和四九年にここ錦織二丁目で行われた発掘調査により、東西南北に整然と並ぶ大型の柱穴が十三基発見されました。この遺構は東西に細長い建物跡と推定され、発見された地層や建物の規模などから、宮に関連するものとしか考えられず、ここが大津宮の有力な候補地として注目されるようになりました。
 
 その後、昭和五三年に、この建物跡の続きの部分を発掘調査したところ、さらに東に延びる柱列が発見されたことにより、この部分は、内裏南門(だいりなんもん)と宮の中心を囲う回廊とこれにつながる柵(さく)の跡と判断され、この部分が大津宮のまさに中心部分であることが明らかになりました。

 ここに、長年追い求め続けられてきた大津宮の位置が確定され、昭和五四年に建物跡の見つかった部分が国の史跡に指定されました。その後に発見された宮関連の建物跡などの遺構がある場所も順次史跡に追加指定されています。

滋賀県教育委員会