SB001などの記号は、大津宮中枢部復元図で位置がわかる。