正面という云い方は不都合なのですが、ともかく全景の左部分です。
 大きな池があって、カエルが座っているところは、池中の前方後円墳になります。
 まだ段差が付いていませんし、現実の古墳に相当な変更を加えているので、分かりにくいでしょうね。徐々に古墳らしく整形していきます。

 池の深さは、3センチのスチロール仕様なので、4.5mほどになります。

 左側車両は、TOMIX(2202)で、「Cタイプ小型ディーゼル機関車」です。いわゆる自由設計(フリーランス)でしょう。私の場合、鉄道図書館列車を牽引する動力車の選定には制限が多いので、このタイプの物はとても大切です。後ろの車両はMuBlog定番の二階建て客車です。