基盤はTOMIXのコンビネーションボードA、すなわち30X60センチの小さなものです。
 ただし後方に、6センチの張り出しを発泡スチロールで追加したので、
 36X60センチの大きさになります。

 高台の図書館と言っても、カエルの座っている所から、建物の底位置まで9センチしかないので、実寸では150倍して13.5mに過ぎません。ただし、この基盤が丘にあるとするなら、やはり高台ですね(笑)。

 手前のガラスは虫眼鏡です。その左は懐中電灯です。
 この二つがないと、細かな作業(列車をレールに置くことも)がうまく行きません。