この「高台の図書館」ジオラマは、全方位から眺められるように考えてきました。しかしその思想を完遂する能力、手技が及ばず、やはり「駅裏」は「裏」そのものの風情となりました。