KATOのDCS50Kの背面からのコード類についての説明。

左から、
白・ロコネットケーブルはPR3(PCとUSB接続)に接続。
黒・ロコネットケーブルはBDL168に接続。
左から3番目はACアダプターからのDC入力(15Vで3A程度)
右端は青白フィーダーで線路へ交流と信号を送る。

 本稿での配線要点は、この青白フィーダー線一本で線路への電力と信号の大本を兼ねる点にある。具体的にはBDL168を経由して、16のセクション(閉塞回路)に分電し、RX4の挿入で4つのゾーンによる列車番号取得を可能とする。