左の嵐山1号には、給湯タンクと、ボイラーなどの諸設備があります。
ディーゼル・気動車で、嵐山号の牽引車です。

右の嵐山2号には、岩風呂温泉と、左右の脱衣室があります。