現地、銀閣寺裏山の案内板より引用。

お茶の井◇庭園
 この庭園石組は昭和六年に発掘され、竹亭漱蘚亭(そうせんてい)跡であり西芳寺(苔寺)の竜淵水石組を模範に作られたとされる庭園である。
 又、井泉は義政公愛用のお茶の井跡で、水質も豊で、現在もお茶会等の飲料水として使用されている。泉辺の石組みは、当時の遺構そのままであり、茶庭の蹲踞(つくばい)手水鉢前の源流とされる。