蚕ノ社(かいこのやしろ)とも呼ばれ、近くの京福電鉄(嵐電)の駅名は「かいこのやしろ」となっている。

由緒

木島坐天照御魂神社 ←このしま
 延喜式内社で祭神は天之御中主神外四柱(大国魂神・穂々出見命・鵜茅葺不合命・瓊々杵尊)を祀っている
 創建年月日は不詳であるが「続日本紀」大宝元年(七〇一)四月三日の条に神社古名が記載されていることからそれ以前祭祀されていたと思われる古社である
 天之御中主神を主として奉り上は天神に至り下は地神に渉り御魂の総徳を感じて天照御魂神と称し奉る
 広隆寺創建とともに勧請されたものと伝えられる
 学問の神であり祓いの神でもある

養蚕神社(蚕ノ社)本殿右側の社殿 ←ようさん・かいこのやしろ
 雄略天皇の御代(一五〇〇年前)秦酒公呉国(今の中国南部)より漢織・呉織を召し秦氏の諸族と共に数多くの絹・綾を織り出し「禹豆麻佐」の姓を賜る この地を太秦と称し推古天皇の御代に至りその報恩と繁栄を祈るため養蚕・織物・染色の祖神を勧請したのがこの社である
 養蚕・織物・染色の守護神である

元糺の池 ←もとただす
 境内に「元糺の池」と称する神池がある
 嵯峨天皇の御代に下鴨に遷してより「元糺」と云う
 糺は「正シクナス」「誤ヲナオス」の意味で此の神池は身滌(身に罪で穢のある時に心身を浄める)の行場である
 夏期第一の「土用の丑」の日にこの神池に手足を浸すと諸病にかからぬと云う俗信仰がある

三柱鳥居 ←みつはしら
 全国唯一の鳥居である 鳥居を三つ組み合わせた形体で中央の組石は本殿ご祭神の神座であり宇宙の中心を表し四方より拝することができるよう建立されている 創立年月は不詳であるが現在の鳥居は享保年間(約三百年前)に修復されたものである
 一説に景教(キリスト教の一派ネストル教 約一三〇〇年前に日本に伝わる)の遺物ではないかと云われている