木嶋坐天照御魂神社(蚕の社)境内
  この神社は、通称「木嶋神社(このしまじんじゃ)」又は「蚕の社(かいこのやしろ)」と呼ばれる延喜式内社で、天御中主命(あめのみなかぬしのみこと)・大国魂神(おおくにたま)・穂々出見命(ほほでみのみこと)・鵜茅葺不合命(うがやふきあえずのみこと)を祀っている。

  『続日本紀(しょくにほんぎ)』大宝元年(701)4月3日の条に、神社名が記載されていることから、それ以前に祭祀されていたことがわかる古社である。

  この嵯峨野一帯は、古墳時代に朝鮮半島から渡来し、製陶・養蚕(ようさん)・機織などにすぐれた技術をもっていた秦氏(はた・し)の勢力範囲で、当神社本殿の東側には織物の祖神を祀る蚕養神社(こかい・じんじゃ)(東本殿)があり「蚕の社」もそれにちなんだ社名である。

  この神社は、古くより祈雨(きう)の神として信仰が厚く、参詣の人も多かったことが平安時代に書かれた『日本三代実録』や『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』などの文献からうかがい知ることができる。

  社殿は明治以降のもので、本殿・東本殿・拝殿などがあり、社殿を取囲むように巨樹が繁茂している。本殿の西側には四季湧水する「元糺の池(もとただすのいけ)」という神池があり、天保2年(1831)に再興された京都三鳥居(注)の一つとされる石製三柱鳥居が建つ。

  例祭は、毎年10月10日が行われるが、夏期土用の丑の日には、この池に手足を浸すと諸病によいという庶民信仰がある。

  市内でも最古に属する当神社は、境内から清泉が湧き、巨樹が繁茂して古来の姿をよくとどめており、京都発展に大きな役割を果たしてきた秦氏との関連を含め、大へん貴重なものとして昭和60年6月1日に京都市の史跡に指定された。
  指定面積 11131㎡
  京都市
  写真:石製三柱鳥居(南から)


注:京都三(珍)鳥居とは、木嶋神社・三柱鳥居、北野天満宮摂社の伴氏社・石鳥居、京都御苑南の厳島神社・唐破風鳥居をさす。インターネット情報であり出典は未調査。