ハトメをブラケットボディの指定箇所にはめることだが。
 大量になると、安全確実に素早くはめる方法を考えた方がよい。
 精密ドライバ(+0番)に通して、ボディの穴に入れれば、何百個でも簡単にできる。