写真はサーボモータ支持具のブラケットボディである。右端の、頭がのぞいて見えるのはハトメで、裏から差し込んだもの。
 左は、ハトメがどんなものか分かるように、載せて写しただけ。

 ブラケットボディをサーボモータにかぶせる時、必ずハトメを裏から差し込んでおく。このハトメは後でブラケットアームに接続するときに、接触中央点になるのだろう(推測)。