asajihara.air-nifty.com > 少年司書ロボ0号

無線で動く少年司書ロボ0号
完成したプチロボXの正面姿
受信機をセットし、配線を束ねた状態
配線後の制御基盤
制御基盤:サーボモータ接続前
四肢と首の接続完了
胸と右足の接続
胸箱(制御基盤収納)と、首用アーム
裏から見た腰板アルミと胸箱
腰板アルミと胸箱(制御箱)
制御基盤の箱への収納取付
プチロボXの腰
プチロボXの頭部、首、四肢
頭に両腕を付ける
腕と電池ボックス
頭に首をつけたプチロボXの生首
プチロボXの頭!と肩!
完成両足
くねくね両足
ブラケットアームとハトメ
左股関節と左膝関節の結合
左股関節と、左膝関節
左膝の組立
足首サーボモータと電池ボックス(左足)
足の裏(左足裏)
足裏(左足)からのネジ留めの様子
ブラケットボディへの鳩目はめ
Puchi_RoboX:制御ソフトウェア
ブラケットボディ+サーボモータ(3)
ブラケットボディ+サーボモータ(2)
ブラケットボディ+サーボモータ(1)
サーボモータの裏蓋外し(2)
サーボモータの裏蓋外し(1)
サーボモータのチェック完了
サーボモータのホームセット(1)
サーボモータのホームセット(2)
サーボモータの可動チェック(2)
サーボモータの可動チェック(1)
電池と制御基盤:プチロボXは分散電源
制御基盤(WR-ESIX)とRS-232C:プチロボXの小脳
無線機(送受信)と電池セット
部品の総て:プチロボX
プチロボXの化粧箱

<< 前 | トップページ | 次 >>

サーボモータの裏蓋外し(1)

サーボモータの裏蓋外し(1)

葛野研

2007年10月 1日 (月)

 次は、サーボモータすべてにブラケットボディを付けることになる。
 (ブラケットボディとブラケットアームという、二つのアルミ製部品がある、ここではボディ)

 サーボモータを支える物がブラケットボディなのだろう。強力なトルクがあっても、何かで支持しておかないと、力が空滑りする。それを、サーボモータの後ろにかぶせる。

 まずは裏蓋を見る。「CE」という文字がモータの軸方向にあるので、左右を間違えない目印か。
 ともかく、ネジ頭が小さい!

固定リンク