9つあるサーボモータの可動をチェックする。
 基盤のスイッチをオンにする(写真基盤右下)
 M0というソケットにサーボモータの線を差し込む。
 極性は基盤の「-」側に黒コードとする(白・赤・黒と三本ある)。
 これはM0~M8ソケットまでの総てに当てはまる。

キットには9個含まれているサーボモータの諸元は以下である。
 共立では、型番 RB-001で、追加単体購入なら1050円
 現在使われているのは、E-sky社のEK2-0500で、
 その仕様は、
 トルクが1.3kg・cm、スピード:0.12sec/60°、重さ8グラム
 となっていた。