少年司書ロボ0号は、少年なので大脳が本体には無く、別のWindowsXPなどで細かなことはさばいていく。
 だから、写真は9つのサーボモータを別の大脳と調整する小脳(WR-ESIX:プチロボXの胴体に収める)のようなものだろう。
 写真上部には、大脳(涼夏2007PC)からの信号を受け取る、RS-232Cケーブルが差し込まれている。慣れてきたら、ケーブルの代わりに受信機を差し込む。