後円部の上から、前方部を見下ろした方角(南東)です。三輪山の南稜線と、右遠くに見えるのは多武峰、音羽山(852m)でしょうか。
 眼下には、復元した壷付き墓穴(古墳の完成後で追加したもの)があります。