撮影位置は後円部の南端ですから、この前方部は真南を指しています。