幸運の手水鉢
 大正3年の建設当時からあり、戦時中の貴金属供出からもまぬがれて、現在も鋳造時の形のまま、長寿を誇っております。