丁寧に彫ってあるが、磨いたあとはない。この側面は、説に拠れば横置きされる予定だったろうから、帯のようになる。
 多分レリーフが彫られる予定だったか、あるいは扁額のようなものがはめ込まれる予定だったか~。墓所なら見当がつかない。別の石造物との雌雄はめ込み式の溝だったのか。構造的目的よりも、私は装飾と感じた。

      突起
     □□□□
  縦溝□□□□縦溝(写真)
     □□□□
      荒削
       ↑
      社殿