古高俊太郎は、文政十二年(一八二九)、近江国大津に生まれた。
 父・周蔵は近江国栗太郡物部村古高の出で、大津代官石原清右衛門に仕え、のち山城国山科毘沙門堂門跡の家臣。俊太郎も同門跡の近習となり、和歌を烏丸光徳に学び公家との交流を深めた。梅田雲浜の門で勤王思想を学び、勤王志士とも交わった。

 同士の一人、湯浅五郎兵衛の依頼で湯浅喜右衛門の養子となり、桝屋湯浅喜右衛門と変名して、この地に「桝屋」を構えた。密かに武器を集め、同士と連絡を取って援助をするなど、多くの志士が集う倒幕活動の拠点となっていた。

 しかし元治元年(一八六四)旧暦六月五日早朝、新選組に捕縛され壬生の屯所で過酷な拷問を受けたとされる。これが三条小橋の旅館・池田屋における「池田屋事件」の端緒となったと言われる。

 元治元年(一八六四)禁門の変に際し洛中は大火となり七月二十日、六角獄舎で処刑された。享年三十六歳。
 明治二十四年(一八九一)、特旨を以て正五位を贈られた。