大政所御旅所
 祇園会の神輿三基のうち、素戔嗚尊(牛頭天王)と八王子との二基を大政所とよび、妃神奇稲田姫の一基を少将井と呼んだ。
 江戸時代にはこの大政所の神輿は八坂神社を出て四条通を経て神泉苑に入った。この御旅所は円融天皇の時代に秦助正という人が夢に八坂神社の神幸を見、また自宅の庭から八坂神社まで蜘蛛が糸を引いているのを見て朝廷にこのことを奏上した結果、助正の家が御旅所となり、その後大政所といわれるようなったという。
 後奈良天皇の天文五年(一五三六)に騒乱のため焼失し、天正十九年(一五九一)豊臣秀吉の命により四条寺町に御旅所が移されたが、そのあとに町の人々が小祠を建て、八坂大神を奉祀し、大政所町鎮護の社として毎年七月十六日を例祭日と定めた。
    京都市