天理市教育委員会による案内板。竪穴式石室の様態に筆が多くさかれている。


 黒塚古墳 (4世紀初頭~前半)[Mu注:築造時期は、別途調査した方が良いと考える]

 黒塚古墳は、墳丘の主軸を東西方向に置き、後円部を東にする前方後円墳です。全長130m、後円部直径約72m、高さ約11mの規模を有します。後円部の調査では、中央部において主軸に直交する、南北方向の竪穴式石室を検出しました。

 竪穴式石室は南北長さ約8.3m、北小口幅は約1.3m、南小口幅は約0.9m、高さ約1.7mです。石室規模は全国第4位の規模であり、特に墳丘の規模の比較からすれば長大な石室が作られていたと言えます。

 石室の構造は、下部を3~4段が人頭大の自然石を積み上げ、この上部から天井部までは板石により強く持ち送りながら壁面を作っています。このため板石で積まれた壁面は、断面が三角形状を呈する合掌式の竪穴式石室であることがわかりました。

 石室内には南北長さ約6.2、幅約1mの粘土で作られた棺台が置かれていました。断面はU字型であるところから、本来は割り竹木棺がこのうえに置かれていたことでしょう。ほぼ中央部は鮮明な朱色を呈しますが、分析の結果水銀朱が付着しています。おそらくこの範囲が被葬者の埋葬された場所と考えられます。

 石室に残された遺物は盗掘を免れ、埋葬された当時のまま出土しました。棺内の遺物は画文帯神獣鏡1面が立った状態であり、その両脇からは刀剣が2振り置かれていました。棺外では33面という大量の鏡が、棺と壁面の間、および北小口に立てかけるように置かれていました。鏡式は全て三角縁神獣鏡であるという点もこれまでにない特徴です。そして鏡に重複するように、刀剣類、鉄鏃、槍などが出土しました。

 今回の調査結果は、古墳築造に込められた当時の葬送思想の解明ばかりか、初期ヤマト政権の成立を究明する重要な資料となるでしょう。