後円部の墳頂が展望台になっていて、休憩用の丸太が数本あった。
 山城町の案内板が鮮明に読めたが、他の「鳥小屋」か「落書き帳置き」か、何か分からない物が左右に二つ立っていた。冥界ポストか? と一瞬思った。

 写真下は、展望台と登り口の中程から、後円部へ回り込む広場で撮った。右側が後円部である。