二つの紅茶瓶、いつからか木幡研にあった。
中身がなくなったら、小物入れにしようと思っている。
なんとなく、Voyageurs は、あと数杯分しか残っていない。