故「またりん」という愛猫がいつも寝そべっていたコーナー。
ただし、紅茶の瓶二つは、後のMu翁の好み。