この二階から、坂本龍馬が土佐弁で道を歩く人を冷やかしていたような、そんなイメージがすぐにわき上がります。司馬遼太郎さんや、NHKの新選組で作られた寺田屋のイメージは、そんなに変わらないようです。