養源院
 豊臣秀吉の側室淀殿が父浅井長政の追善のため文禄三年(一五九四)成伯法印(長政の従弟)を開山として建立した。名号は長政の法号養源院をとったものである。もとは天台宗であったが、今は浄土真宗遣迎院派に属する。
 建立後ほどなく火災で焼失したが、元和七年(一六二一)徳川秀忠夫人崇源院が伏見城の遺構を移して本堂を再建した。
 この本堂の正面と左右の廊下の天井は、慶長五年(一六〇〇)関ヶ原合戦の前哨戦で伏見城が落城した際、家康から同城の守備を命じられた鳥居元忠以下の将士が自刃した時の板間を用いたものと言われ、俗に血天井と呼んで知られている。
 本堂の松の間の襖絵「松図」十二面及び杉戸絵八面(いずれも重要文化財)は俵屋宗達の筆と伝えられ、杉戸には唐獅子、白象、麒麟を描いている。
 京都市