標題誌裏には、作者による次の言葉が掲げられていた。

「この作品がフィクションであるという保証はどこにもありません。鯨統一郎」