第五境 嘯月楼 (しょうげつろう)
 この望楼は登っていないが、京都を一望できたはずだ。ここに、石川丈山の意図があったのかもしれない。