解説文によれば、詩仙堂は「凸凹窠」(おうとつか:でこぼこした土地に建てた住まい)の一室らしい。
 石川丈山はここに十境を見立てた、と。

第一境 小有洞(しょうゆうどう)