「仏御前
 時は平安時代、加賀の国の原の里(現在の小松市原町)に信心深い千才(ちとせ)という女の子が住んでいました。
 彼女の夢は、京の都で白拍子になること。
 しかし父親の兵太夫は猛反対!
 そんな時、突然不思議な事?が起こり、彼女は京の都で踊ることに……
 果たして千才の白拍子になる夢は叶うのか?
 そして千才(後の仏御前)のあこがれの白拍子祇王(ぎおう)との運命の出会い
~後略~

案内パンフレットより