この模様をみていると、イメージはいくつも湧く。詳細は本文に記したが、実に様々な説がある。
真ん中の角をとった楕円形に近い部分は、麓にある小判型水槽に似ているようだ。
なんにせよ、液体を流すとするなら、この酒船石は傾きについて神経質に考えないと、うまく流れなくなるだろう。
水占い、という説をいま思い出した。