郷土資料室の文献・書籍は大部分貸出禁止なので、図書館内で読む事になる。
 某Jo氏は、おそらく影印(写真版)史料をながめて、汗を流していた。昔の資料は現代活字図書のようにはすらすらと読めない。